母から私へ

着物2

すっかり空っぽ。

今日は一日かけて、母と一緒に着物の整理。

母が祖母から受け継いだ着物、母が若い頃に作った着物、それをそのまま私が受け継ぐ日がとうとうやってきてしまいました。

私は幸い(?)にも身長が高くならなかったので、ほとんど母の着物が着られます。背の高い綾ちゃん、紀代ちゃんには、母や祖母の着物は丈が足りないんですよね。だから、着物に関しては私が譲り受けることに。

ここ数週間ずっと断捨離中の母が「香代ちゃん、着物どうする?」って聞いてきまして、着る予定も全くないですが、捨てたくないし、とりあえず全てHendy家にお引っ越しさせることにしました。

持って行くとなったら、これが結構な量。夏物、冬物色々あるし、小物もいっぱい。何に何を合わせたらいいのか、着物には格ってものもあるのだろうし、受け継いでも仕舞っておくだけでは無意味になってしまいますよね。

こりゃ、勉強しなくちゃ。ホントに。

そういえば、18、19の短大時代、わざわざお着物着て着付け教室に通ってたなあ。すっかり忘れちゃったけど。

 

着物

 

母の黒留袖も私が着る日が来るんだろうか・・・

母はそんな大層なものじゃないわよって言うけど、新しく買うものじゃなくって代々受け継ぐっていうことが大事な気がする。

時間見つけて、母に色々教えてもらわなくっちゃ(≧人≦)

 

みんなはどうしてる?

 

 

Love,

Kayo