お散歩

夏休み6日目。

昨日も今日も窓から見える外の様子が違う。

お盆休みだからか車も全然走ってないし、いつも賑やかな公園からも全く声がしない。

穏やかな週末。

蝉の声だけが聞こえています。

 

母がうちに来て5日。

快適に過ごさせてあげたいという気持ちから

食べ物でも身の回りのお世話でもなんでもやってあげよう

そーだ!母が寝てる間に今までやれなかった家の掃除を隅々やってしまおう

一石二鳥だ!

なんて、色々考えていたんですが実際は全く予想と違ってました。

 

悪いわね〜と言いつつ、

あれとって、それとって、あれ食べたい、もういらない、は五分おき。

寒い、暑い、と窓開けたり閉めたり、エアコンつけたり消したり

疲れたから横になるわと言いつつ寝ない

ちょっとでも私が他の部屋にいくと探しに来る

出かけたいと言うから車を出すと2分で帰ると言う

ご飯を作ってる横でお菓子を食べる

んでもって肝心のご飯残す

しかもちゃんと言わない

ねぇ、カヨちゃん寒くない?とか暑くない?と聞いてくる

そんな頼み方にもイライラしだし、

ちょっといい返すものなら、

頭が痛くなってきた、ちょっと訳わかんないから寝るねと言う。

もーーー、早くも三日目にして限界。

 

私もまだまだですね〜。

弟は異性だからかめっちゃ優しく接しているようだけれど、

私はダメでした。

最初は言われるがまま動いていましたけど無理でしたね。

女同士ということもあるのかな。

昔の母と違うのを見たくないのか、ついつい厳しくなってしまいます。

体力落ちてるのも調子が悪いのも知ってるけれど、

四六時中一緒にいられるのもたったの2週間。

私がやってあげてしまえば、離れた後に自分で出来たことも出来なくなる。

 

なので…

 

自分でなるべくやってみようと声かけしたり、

歩き方も幽霊みたいじゃなく頭を上に胸をはってー、

深呼吸させたり体操させたり

ダラダラ食べないで食事の時間をちゃんと待ったほうが胃も休まるよ、

疲れたら横になって無理にでも眠るようにしなさい

お願い事ははっきりと言おうね

など口うるさく。

調子が悪いんだから〜、大目にみてよ〜と泣き言言ってましたけどね。

 

本当はね〜

色々やってあげたいと張り切っていた私。

それは母の為というより、

やってあげられると自分を過剰評価してたのかも。

情けないですね。

つくづく身内の介護の大変さっていうのを今やっと実感してます。

そう思うと母はよく16年もやってたな。

今は無理せず、

お互い少しの我慢をしながら一緒に楽しく過ごそうに切り替えました。

 

 

IMG_0972

 

昨日は港まで30分のお散歩。

お父さんと笑顔で過ごすって約束したのに上手く出来ないってボヤいてるから、

だから笑おーよーと

これでも精一杯の笑顔。

 

今日も無理せずちょっとずつ。

二人でのんびり笑顔で過ごせますよーに。

 

 

Love,

Kayo

 

 

広告