お疲れ様でした

言葉にならないですね。

こういう時

なんて声をかけてあげたらいいのでしょうね。

 

お父さんへの思いを胸に

金メダル4連覇が当然かのように

日本国民の期待をしょっていた吉田沙保里選手。

試合が終わるとその場で泣き崩れ、

号泣しながら、

日本選手の主将として

金メダルを取らないといけないところだったのに

ごめんなさいと言う。

 

胸が苦しいです。

金メダル4連覇を誰よりも欲しかったのは吉田選手のはず。

気持ちの切り替えは過酷な練習よりも苦しいでしょうけど、

あの豪快な笑顔に戻れる日が早く来るよう祈ってます。

 

ファイトーーーーーーーーッ!!!

 

 

Love,

Kayo