母娘

改めまして、

生徒の皆さん、2週間の夏休みありがとうございました。

そして、知美先生、香先生、明美、夏彩、レッスンの代行ありがとうございます。

昨年から予定しておりました英国家族旅行には参加出来ませんでしたが、

おかげさまで、この機会にしか出来ないであろう母と二人だけの時間をゆっくり過ごすことが出来ました。

 

行けそうなら連れて行きたいと考えていた温泉には結局行けませんでしたし、

一歩も外に出られない日もありましたが、

それでもベッドに寝たきりが多かったことを考えると母も随分頑張りました。

ほんの少しですけど外の空気を吸いにちょこちょこ散歩に出たり、

買い物に行って新しい洋服も買いました。

久しぶりに母の妹と連絡を取って一緒にランチ食べたり、

祖父母のお墓詣りも行って、

なにより父に会いに行けたことが一番良かったと言ってました。

 

母中心の2週間は全て予定は未定。

その日その時間の母の気分次第で過ごしていました。

途中お互いに息が詰まる瞬間もなかったわけではなく、

ちょっとした言い方で私も腹を立てることもあり、

短いですけど口聞かない時間もありました( ´艸`)

母と娘。

一緒に暮らすとやっぱり昔のままお互い変わらないなーと感じますね。

何事もキチンとしていて自分なりのやり方がある母と

大体においてなんでもいい大雑把な私。

前は母がやってくれる側でしたが今回は私が母の代わりに色々やることになったので、

まあ色々一言多いんですよねぇ。

リクエスト通りにご飯を用意しても、野菜の切り方、味付けであれこれ言われたりね。

出来ない私がいけないんですけど、

同じ言うのでも言い方ってものがあるでしょーと私がキレたり。

よく言い合いしていた学生時代を思い出しましたね。

 

1週間も経つと、

どこになにがあるのか母も覚えたようで、

いちいち私に頼まなくても一人であれこれ動くようになり、

私もこの機会を利用して大掃除と断捨離を決行出来ました。

長年気になってた家中の隅々を綺麗に出来たのも夏休みの大きな収穫でした。

一緒に過ごすことにより、

同居している弟夫婦の気持ちと同じ目線になれたことも良かったと思っています。

 

父のことが大好きだった母は父の遺影を目の前におき、

毎日よく話しかけていました。

たまに父にお手紙も書いてるんですよ。

笑って過ごすって約束したのに笑えてないと突如私に笑いかけてきたり、

いまお父さんがここにいるって言ったり、

母は今でも父を感じているようです。

なかなか父の代わりにはなれませんが、

これからも妹、弟と一緒に母を守っていかなきゃな

母を笑顔にできるようにしなくちゃなと強く思います。

 

本当に貴重な夏休みになりました。

お休みいただいた分、

これからまた元気にレッスン頑張りまーす!

 

 

Love,

Kayo

 

 

 

広告