2019 Burns Night

 

毎年恒例、今年もBurns nightに参加してきました。

私の世代しか通じないと思いますが、

バクパイプと言えば、キャンディキャンディ。

スコットランド系アメリカ人のアンソニーや丘の上の王子様が、

キルトを履いてバクパイプを吹くシーンはとても印象的でした。

サマースクールで行くスコットランドの夏とかね〜、

ドレスコードが白っていうホワイトパーティーとか、

漫画を通して、スコットランドに憧れを持ったものです。

まさか、大人になってバクパイプの演奏を毎年聞き、

スコットランド伝統行事が当たり前になるとはね。

 

 

バーンズナイトとは・・・

ご存じない方はこちら2012年のKyo Mo Genkiを ↓

オールド ラング ザイン

ブログを始めたばかりの頃なので、

ちょっと読みづらいですが、結構詳しく書いとります。

やっぱりね、この時もキャンディのこと書いてました( ´艸`)

 

 

ここ数年はアレックスが企画、構成、準備からMCまでやっております。

今年は100名以上も参加があり、

沢山の方に来年も楽しみにしてると言っていただき、

パパの努力が報われて私も嬉しくなりました。

 

 

バーンズナイトと言えば、ハギス!

羊の内臓をミンチして玉ねぎやハーブと一緒に胃袋に詰めて蒸した郷土料理。

私は好きなんですけどね、

 

 

初参加してくれたDは、恐る恐る食べましたがダメでした。

苦手な人も多いんですけど、

チャンスがあったら食べず嫌いしないでトライしてみてくださいね。

 

 

パーティーの最後は恒例のダンス。

Mホもクルクル踊り続けて、疲労困憊。

疲れた〜と言いながらも楽しんでくれました。

 

 

今年は仲良しの二人が参加してくれたので、

私もいつも以上に楽しめました♡

D&Mほ、ありがとね。

アレックス、今年もお疲れ様でした。

 

 

 

 

Love,

Kayo