祝杯

ちょうど1週間前の日曜日、

皆のタイミングがあったので、家族全員集まってディナーに行きました。

チビ二人がいるからホームパーティーの方が気楽なんですが、

この日は主役の伊織の希望で焼肉~!

そーね。お祝いだものね、

思いっきりお肉を食べたいよねってことで、

天王町の大石さんに行ってきました。

 

 

めでたい!めでたい!めでたい!

大きな声に出して、

おめでと~と叫びたかった伊織の大学合格。

やっと皆でお祝い出来ました。

長かった受験勉強が無事終わったことに心からほっとしたし、

伊織の頑張りには感心するばかり。

3月は紀代子と大悟のお誕生日月でもあり、

伊織と大悟の高校卒業祝いも兼ねて、

色々おめでたいことをまとめて、

カンパーイ!

 

 

ここまで長かったような、

あっという間だったような、

同じ年の従弟3人組も全員無事に高校卒業し、

4月からはそれぞれ別の道へ。

大悟は湘南の大人気店、珊瑚礁に就職が決まり、

高校で勉強したお料理の道に進むことになりました。

ジェムはアルバイトに精を出していますが、

今秋から英国の大学に進学出来るよう準備中。

伊織は、大学で6年間薬学を学ぶことになりました。

理系を目指してたのをギリギリ受験前になって志望学部を変更。

これには、叔母ちゃん、涙。

もうかれこれ25年位前の話ですが、

私の父が病気になった時、

弟は自分の進みたい道を諦め、父の薬局を継ぎました。

当然のように両親からの強い願いもあり、

あの時の弟には迷うチョイスはなかったと思います。

だから伊織には好きな道に行ってほしいと、

薬科どころか大学に行けとも勉強しろとも言わないで来たのです。

私なんてジェムにしょっちゅうガミガミ怒ったりしてますけど、

自主性を大事に見守ってきた弟夫婦を私は尊敬してます。

そして黙ってその思いに応えた伊織。

叔母バカですが、本当に偉いなって良い子だなって、

泣けました。

 

 

綾ちゃんは、信ちゃんから

お弁当ありがとうって感謝のお祝いを貰ってました。

だよね。

家族皆で乗り越えた大学受験。

信ちゃんも綾ちゃんもお疲れ様でした。

きっと天国のお父さんも伊織の選んだ道を心から喜んでるね。

本当に良かった。

いーくん、大学合格おめでとう。

 

 

御祝酒は美味いよね〜。

 

 

Love,

Kayo